オカメインコ編④「健康診断」

オカメインコ

🐣健康診断

Instagram

☆☆動物ワンポイントコーナー☆☆
⇩⇩⇩ 下にあります! ⇩⇩⇩
(今回は『メガバクテリア』です💦)

🏥 初めての病院

お迎え後、忘れてなならないのが健康診断です!
実はこれ、とても大事なんです!

少し生活にも慣れて落ち着いたころ、鳥を診てくれる病院で、ぜひ健康診断を受けてくださいね。

うちの場合は、お迎えしてから大体1週間くらい後だったと思いますが、幸いにもすぐ近くの動物病院の先生が鳥も診ることができたので、健康診断を受けてきました。

これを受けておけば、その後安心して育てることができます。

 

~ 🐤 ~ 🐤 ~ 🐤 ~ 🐤 ~

◇診察中

ただやっぱりオカメちゃん、病院に着いても興奮が収まらず、冠羽はずーっと立ちっぱなしで、ウロウロウロウロと落ち着かず…

挙句の果てに、いつもしたことのないような水のような糞をいっぱいしていました…😢

小さめの柔らかいカゴに入れてなるべく揺らさず、安心させるように声をかけながら、細心の注意を払って病院まで連れていったんですけどねー…

オカメインコさんは、予想以上に臆病なのでした!

 

~ 🐤 ~ 🐤 ~ 🐤 ~ 🐤 ~

◇検査内容など

体重をはかり、羽や嘴の色つやそのうの状態足や爪などをチェック、おそらく他にも瞬時にチェックをしていると思いますが、最後に糞便検査をして、終了です。

(糞便は、できれば『したてホヤホヤ』がいいそうですが、緊張などで出なければ、道中で出た乾燥したものでも大丈夫です)

万が一『メガバクテリア症』などにかかっていると、命を落とす危険もあるので、幼鳥の時は注意が必要とのことでしたが、今回はすべて異常がなかったので、一安心でした~!!

ただ、なかなか鳥を専門に診てくれる病院を探すのは難しいので、下記のような専門サイトを私も参考にしました♪

鳥も人間も、年に一度の健康診断は大事ですね!

 

※※メガバクテリア症とは※※

<原因菌>
鳥の胃の中に住む酵母の一種で、グラム陽性の大型桿菌状微生物。

<症状>
吐き気や軟便・下痢、食欲低下など
(とても苦しそうです(>_<))

<感染経路>
実は意外なところにあり、親鳥がヒナを育てるのにエサを吐き戻してあげる際に感染してしまうのです!
親から子への負の贈り物ですね)

もう一つは、感染している糞を食べることによる経口感染です。
(同居している鳥さんは要注意ですね💦)

<治療>
抗真菌剤が有効です。補助薬として、抗生物質や胃腸薬・吐き気止めも出されます。

とにかく早めに気づき治療を始めれば治ることが多い病気なので、可愛い鳥さんの様子にはくれぐれも注意しましょう!!